私たちがセキショウです。

ラジオつくば

番組アーカイブ

やっぱり大切なのはコミュニケーション!

皆さんこんにちは!総務部の弓野です。

今週のセキショウミーティングは、これまで4週に渡ってお送りしてきた「父親と娘の関係」の総まとめとして、父親世代社員と娘世代社員、6名による対談を行ないました。

対談のテーマは、「父親と娘が今後も良い関係であり続けるには?」についてです。

13-1a.jpg

今回、様々な話が繰り広げられましたが、大きくは次の4つとなります。

①車での送り迎えは、良いコミュニケーションタイムに
送り迎えをする事について父親は「面倒」とは思わず、「頼られている」と感じ嬉しいようです。また、車中で「どこに行って、だれと会って、何時に帰ってくるのか」といった会話が出来ることで、行動を把握でき「安心」に繋がるとのことです。
娘が自動車の免許をとり、送り迎えの機会が減ることを「さみしい」と感じているとのことでしたので、娘の皆さん!たまには父親に「○○に連れて行って!」と頼ってみてはいかがでしょうか!きっと喜ばれますよ(笑)

②父親は、娘が連れてくる彼氏を「結婚相手」だと思う
娘が単純に「今、お付き合いしている彼氏」として紹介する場合でも、父親は「この男と結婚するのか...」と捉え、素直な気持ちで会えないとのこと。「どのように接したら良いのか分からない」というのが正直な気持ちの様です。
母親が「お父さんにはまだ合せない方が良いよ」など、調整役となっている場合が多いようなので、彼氏を紹介する際には、父親を最も知っている母親に相談してみるのが良いみたいですね。

③感謝を伝えるのは、お互いに恥ずかしい
感謝していても「ありがとう」という言葉を言うのは、お互い恥ずかしいとのこと。
言葉にして伝えなくても、「いつも感謝している」という気持ちを持って接しているだけで、お互いに伝わっているようです。...と言いつつも、「『ありがとう』って言われるとやっぱり嬉しいよね」という話をしていました(笑)

④プレゼントはモノよりコトが良い!?
冒頭にも、コミュニケーション手法について「LINE」の話題があがりましたが、その中で「スマートフォンをプレゼントしてもらうよりも、LINEの使い方を教えてもらう方が嬉しい」と父親世代から話がありました。「実際にLINEの使い方は、娘から教えてもらった」と嬉しそうに話す父親世代の皆さんからも感じられます。
また「娘から教えてもらう」ことから、娘の成長を感じられることも喜びに繋がるようですね。

13-2a.jpg

今回の対談で、父親・娘それぞれが考えていることについて、お互い新たな気付きがあったようです。結論は出ませんが、普段から積極的にコミュニケーションを取ることが良い関係であり続けるための基礎になるということが改めて感じられました。

現代では、LINEをはじめ様々なコミュニケーションツールがあるので、それを活用するのも父親と娘が繋がるキッカケになるのかもしれませんね!

13-3a.jpg

収録後、皆さんから「娘(父親)と同世代の皆さんと話をして、娘(父親)が普段どのように考えているか参考になる話を聞けて良かった。もっと積極的にコミュニケーションを取って良い関係を続けていきたい」との感想がありました。

このラジオ番組を通じて、セキショウグループを知っていただくと同時に、聞いていただいている皆様にとって、少しでも日常に役立つ情報を発信できればと思います!


さて7月の放送では、セキショウグループで取り扱う『自動車』をテーマにお送りします。
ホンダ、メルセデス・ベンツ、BMW、MINI、ポルシェ、プジョー、それぞれの営業スタッフが一堂に会し、試乗会を実施。
それをもとに、他ブランド車に乗った感想などを語り合ってもらいます。

各ブランドの営業スタッフは、自身が取り扱うブランドの車に乗った際、どのように感じるのか。普段、あまり聞く事のない切り口での車談義から、自動車の魅力や各ブランドの魅力に新たな発見があるかもしれません。

来週の放送も是非お聴きください!