私たちがセキショウです。

ラジオつくば

番組アーカイブ

「ハイタッチ」が走るエネルギーに

皆さんこんにちは。総務部の弓野です。

11/9(日)は、当社が協賛する「セキショウチャレンジシリーズ『キッズチャレンジカップサッカー大会2014』」の応援に行ってきました。(主催:つくば市サッカー協会U-12委員会)

32-1.jpg

キッズチャレンジカップは、つくば市内サッカークラブ9歳(小学3年生)以下の選手を対象とした大会で、20チーム約220名の子ども達が参加。当日は、あいにくの天気に見舞われ、雨が降る中ではありましたが、参加した子ども達は一生懸命にピッチを駆け巡り、白熱した試合展開を見せてくれました。

観戦して感じたのは、技術や戦術がしっかりしていること。皆さん本当に上手です!
ここから世界に羽ばたく選手が出てくることを期待してなりません!

これからもセキショウグループは「育ちざかりの夢」を応援していきます!

さて、今週のラジオでは、先週に引き続き、11/23(日)に開催されるつくばマラソンのフルマラソンにチャレンジするセキショウ社員の皆さんに出演してもらいました。

32-2.jpg
パナホームセキショウ つくば営業部 内田さん(左)、セキショウキャリアプラス 後藤さん(中央)、つくば業務グループ 深谷さん(右)

今週は、つくばマラソンでの目標タイム・意気込みを中心に、最後には皆さんにとっての「チャレンジ~挑戦~」とは何かを聞いています。皆さんの熱い想いをお聴きください!(ページ最下部より音源をお聴きいただけます)

■走る魅力とは?
深谷さん:自分自身の進化・成長が体感できるところ。長い距離を走れるようになったり、体型が変化するなど、走った分だけ自分に返ってくる。また、頭がスッキリする。

内田さん:まだ分からない。フルマラソンを走った皆さんが、「また走りたい」と言っている姿を見ると、どのような魅力があるのか気になる。今回フルマラソン初参加となるので、その「魅力」について体感したいと思う。

後藤さん:フルマラソンにおいての走る魅力は「普段以上の力」が出るところ。
練習では、飽きてしまうため20キロを走るのが限界で、フルマラソンの距離は走らない。それでも、42.195キロを走りきれてしまうのは「大会の雰囲気」「共に走るランナー」そして「沿道の皆さまからの応援」があるからこそ。特に応援してくださる皆さまからの「ハイタッチ」は、走るエネルギーになる。

◆走るときには、何を考えている?
深谷さん:「この距離あたりで体力が落ちてくるな」など、マラソンでの走り方を考えている。

内田さん:「無」になることが気持ち良いので、何も考えていない。学生時のトレーニングの際は「つらい...」だけ。「あの電柱まで行ったらやめよう」としか考えていなかった(笑)

後藤さん:ゆっくりと走る時は、『仕事の事』を考えながら走っている(!?)速いスピードで走る時は、何も考えられないもの。

32-3.JPG

■皆さんの目標タイムを教えてください。(一般平均、歩かず完走すれば4時間30分)

深谷さん:『5時間30分!』フルマラソンは初参加なので、完走を目指します!

内田さん:『5時間!』初参加なので、まずは完走。最終的には、フルマラソン7回目の人事部 小森さんを抜くことを目標にしたい(笑)

後藤さん:『5時間10分!』前回つくばマラソンに参加した際、5時間33分だったので、最悪でも、その記録は超えたい!

■意気込みを教えてください。
深谷さん:周りのペースに巻き込まれず自分のペースで完走する!大会に向けて食事制限なども行いながら、当日を迎えたいと思います!!

内田さん:普段通り『ありのままで』行きたいと思う。そして、同じく参戦するライバル達(友達と小森さん)に勝ちます!!(笑)

後藤さん:今自分ができるベストを尽くす。食事制限・練習の際には怪我をしないようにする等、コンディション調整を行い、万全な体制で当日を迎えたい!

■あなたにとってのチャレンジ~挑戦~とは?
深谷さん:仕事でも遊びでも、「やってみたい」と思うことを「行動」に起こすこと。

内田さん:「新しいことを始めること」。日々の小さなことでも、今まで自分がやったことがないこと、知らないことに取り組むこと。

後藤さん:今やれること、今やるべきことに対してベストを尽くすこと。そういった意味では、毎日が「挑戦」である。目標を達成するためにも、日々の積み重ねが大切。マラソンも同じで、練習でベストを尽くさないと、良い結果が出ないものだと思う。

32-4.JPG

今回出場する皆さんは、ほぼ初めてフルマラソンに挑戦します。私自身は、経験がありませんが、42.195キロの距離にトライするには大きな勇気、そして決断があったことと思います。
マラソンに限らず、何事も一歩踏み出す勇気と実行する行動力が「チャレンジ~挑戦~」に繋がるのですね!

深谷さん!内田さん!後藤さん!冒頭お伝えしたサッカー大会でプレーした小学生達に負けずとも劣らない『熱い』走りを期待しています!!また、34キロのセキショウグループが運営する給水ポイントで、ハイタッチ出来ることを楽しみにしていますね(笑)