私たちがセキショウです。

ラジオつくば

番組アーカイブ

きれいな車で、新たな年を!

皆さんこんにちは!総務部の弓野です。

いよいよ2014年も残すところあと2日となりました!
街の雰囲気も、クリスマスから一転、年越しムードが漂ってきましたね。
当社のつくばオフィスの屋上にいたサンタ達も飛び立ち、オフィスの入り口には門松が設置されました。

皆さんは、どのように年末年始をお過ごしでしょうか?
私は、まずやり残している自宅の大掃除を行ないます...(汗)その後は、実家のある日立市に戻って、家族みんなで年越しを迎え、年明け早々に実家の大掃除をしたいと思います(笑)

大掃除を通じて「今年1年を振り返り、来年どのような年にしたいかを考える!」と前向きに取り組みます(笑)

皆さんそれぞれ過ごし方があると思いますが、事故や怪我、体調管理には十分気をつけて、
良い年末年始をお過ごしください!


さて今回は、前回に引き続き、安全・快適に年末を過ごす為の「カーメンテナンス」について、セキショウグループで運営するサービスステーションの社員2名に話をしてもらいました。

39-1.jpg
セキショウカーライフ㈱ 土浦学園通り店 小沼さん、ビークル・ビー土浦店 黒田さん

年末年始、車で出かける機会が増えますし、身の回りはもちろん車もキレイな状態で新年を迎えたいですよね!?そこで今回は、洗車・ボディコーティングの話を中心に話しをしてもらいました!(音源は、ページ最下部よりお聴きください。)

◆サービスステーションには、どんな洗車メニューがあるの?
手洗い洗車、セルフ洗車(機械洗車)、社内清掃をはじめ、あらゆる汚れ・問題に対応しますので、
お気軽に問合せをしてください!

◆手洗い洗車ってどうなの?
『車の汚れをプロの技でキレイに!』
洗車キズはもちろんつかず、人の手で洗うので洗い残しもなく隅々までキレイになる。

洗車には、「専用モップ」を使用。羊毛を使っており、とても柔らかくクッション性のあるボディに優しいモップ。また洗剤ではなく、「高密度のムース(泡)」を使用する。このムースをボディにかけることで、汚れが浮いてくる。浮いてきた汚れを含んだ泡を専用モップで「とっていく」イメージ。

洗車時間としては、フィットクラスの小型車で約30分程度。

◆今の寒い時期、手洗い洗車するスタッフは大変?
日が出ていない時間帯(早朝や夕方)は、寒くて大変だと感じる時もある(笑)

それ以上に、寒い時は洗車中にボディが凍ってしまうことがあり、洗車が大変。
昼間の時間帯にご利用いただく事がおすすめ。

◆車内清掃は、どのくらいきれいになる?
手の届かないところもあり、自分でやろうと思うと何かと大変な車内清掃。
サービスステーションの車内清掃では、お客様の手の届かない部分もしっかりとキレイにする。
車内には、食べこぼしたお菓子の破片や靴に付いたごみなど、気づかない内に汚れているもの。
足元のマットを外すと、色が違ってしまうほどに汚れているケース、多くの方は「内窓」が汚れている。

39-2.JPG

◆コーティングとは?
コーティングは、ボディの塗装を守ることが最大の役割であり、紫外線や酸性雨、黄砂などを含んだ雨、あらゆるものの摩擦からボディを守るもの。

また施工のメリットとしては、
・新車の様な輝きを取り戻せる。(水垢が取れる、つやが増す)
・細かい傷が目立ちにくくなる。
・水を弾き、汚れが付きにくくなるため、洗車が楽になる。
 といった様々なメリットがある。

◆どんなコーティングメニューがある?
カーコーティングは、大きく『ガラス系』『ポリマー系』の2種類に分類される。
※詳しくは、こちらからご覧ください。(KeePerのHPに移動します。)

『ガラス系』
特徴:耐久性に優れ、長寿命、メンテナンス周期が長い。欠点:施工料金が高く、施工時間もかかる
取扱商品名:「クリスタルキーパー」=1年耐久、「ダイアモンドキーパー」=5年耐久
施工時間:クリスタルキーパーは、2時間30分程度。ダイアモンドキーパーは、1泊2日かかる
価格(フィットクラスの場合):クリスタルキーパーは2万円程度。ダイアモンドキーパーは、5万円程度

『ポリマー系』
特徴:価格も施工時間も短く、手軽に行なえる。欠点:ガラス系に比べ、コーティングの劣化が早く、メンテナンス周期が短い。
取扱商品名:「ピュアキーパー」=3ヵ月耐久
施工時間:40分から1時間程度
価格(フィットクラスの場合):6000円程度

いずれものコーティングも、繰り返し施工する事で艶の深みが増していくので、何度も施工するファンも多い。また、新車に施工する事で、いつまでも新車の状態を保つことができるのでおすすめ!

◆どんな方におすすめしたいか?
車を長く乗りたい、ピカピカに保ちたい、洗車する回数を減らしたいという方には、特におすすめ。

また手洗い洗車を行なってから施工をするため、車が汚れている際に依頼するとお得感がある(!?
)。中でも、ピュアキーパーについては、価格も施工時間も短くお手軽なので、スタッフも洗車ついでに施工することをおすすめしている。

◆洗車は自分でやりたい!ポイントやコツは?
洗車最大のポイントは、「濡らしたら乾かさない」を心がけること。
水分がボディ上で乾くと「水垢」になってしまう。結論として洗っているはずなのに車がどんどん汚くなってしまう。

ポイントは、
・日差しの当たらない場所で作業すること。
・ホコリの飛ぶ、風の強い日は行なわないこと。
・ボンネット、屋根は最後に洗うこと。

◆では、どのように洗車したら良いのか?
まず作業状況としては、「風がなく、直射日光の当たらない場所・時間帯」に行なう。

究極は、パネル・部分ごとに洗って・流して・拭き上げる事。

もしくは次のように手際よく洗車をする。
右フェンダーからぐるっと左フェンダーにかけて洗い、ボンネット、屋根の順で洗う。流すときは、屋根から下に向けて行なっていく。そして、水滴が残らないようにしっかりと拭き上げる事。※拭き上げず、走って水分を飛ばすのは「水垢」を作ることに繋がってしまうとのことなので厳禁!(私はそうしていました...(汗))

39-3.JPG

2週にかけてお送りした「カーメンテナンス」情報をお送りしましたがいかがでしたか?
安心・快適に年末年始を迎えられるよう、車の日常点検と洗車をおこなってくださいね。また「自分では難しいかも」「忙しくて時間がない」という方は、ぜひお近くのセキショウグループ サービスステーションをご利用ください。よろしくお願いいたします!

今回の放送が今年最後の放送となりました。
4月からスタートした当ラジオ番組は、今回も含め39回放送をさせていただきました。当初、社員で企画・出演・編集まで行なうということで戸惑う部分もありましたが、皆さまにサポートを頂きながらここまで放送をさせていただきました。この場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。

来年の放送は、1月11日(日)からスタートとなりますので、
またお付き合いいただきますようお願いいたします。

それでは皆さま、良いお年をお過ごしください!