私たちがセキショウです。

ラジオつくば

番組アーカイブ

「やんちゃなMINI」を支える真面目さ【㈱モトーレン・アイ&エフ MINI郡山店】

皆さんこんにちは!総務部、新入社員の関山と申します!

今年の4月に関彰商事に入社し、3か月間のサービスステーション研修を終えて、7月1日から総務部に配属となりました。まだまだ社会・会社のことも分からない私ですが、このラジオ番組の制作を通じて、セキショウの魅力を皆さまに知って頂くと共に、自分自身の成長に繋げていければと考えています!精一杯頑張りますので、これからのお付き合いよろしくお願いいたします!

さて今回は、セキショウグループ福島県郡山エリアへ店舗取材に行った模様をお送りします。

ちなみに総務部での業務では、まだオフィスに在籍していることが多いです。学生時代スポーツ(サッカー)で体を動かしてきた日々を送った私にとって、すこーしムズムズしてしまうところがあります(笑)なので、ここだけの話、今回取材に同行できることとなって、とてもうれしかったです(笑)

・・・話がズレましたが、今回は、福島県郡山市図景、国道4号線沿いにある、イギリスの車『MINI』を取り扱う、株式会社モトーレン・アイ&エフ「MINI郡山」へ伺いました。

mi-1.JPG
▲学生レポーターを務めてくれたのは、セキショウラジオではおなじみの若野さん。天気もよく、若野さんの笑顔も輝いています!!

ちなみに取材当日は、外気温35°!!ただ立っているだけでも汗が止まりませんでした!

mi-2.JPG
▲ひとつつながりになっているMINI郡山と福島BMW郡山店の外観。

MINI郡山は、当社グループの「福島BMW郡山店」と隣接していました。今回の取材を通じて知ったのですが、現在のMINIは、BMWグループの一員となり、製造・販売を行っているそうです!(ということは、ドイツ車ということなのでしょうか・・・)

MINIの店舗外観は、BMWの白を基調とした外観とは対照的に、カッコよさのある黒が特徴的!!

mi-3.JPG
▲MINI郡山店のショールーム。展示されている車が輝いています!!

ショールームには、常時3台の車が展示されているそうです。
外観と同様に黒色をベースとした店内は、MINIの象徴でもあるカラフルな色を催したデザイン!まさに MINIブランドのコンセプトの1つでもある「やんちゃさ」が表現された店内といえますね!

mi-4.JPG
▲2階のスペースから車を眺められる

また本店舗の特徴は、2階建てということ(正確には吹き抜けになっているので中2階)。2階には、接客スペースがあり、上から車を見下ろすことができます。MINIは天井も可愛い・カッコイイので、上から見るというのもいいですね!!

mi-5.JPG
▲MINIとBMWが並ぶサービス工場

ショールームに続いて、サービス工場を案内してもらいました。

工場内は、とても綺麗に整理整頓され、整備をする上での安全性が高いと感じました。また、冷房が効いており、メカニックの皆さんも快適かつ安全に作業ができる環境が整えてられていました。こうした働く社員のための環境整備は、お客様の車を集中して作業できることに繋がり、結果としてお客様に安心をご提供できることにも繋がりますよね!

mi-6.JPG
▲車運搬用エレベーター!このような設備もあるんですね!

サービス工場の横には、大型のエレベーターが備えられていました。
何に使用するかというと、実は工場の上(及びBMWの店舗の上)には、車両を保管するスペースがあります。限られたスペース(敷地)を有効活用するためのものだそうです。

mi-7.JPG
▲セールス担当の増子さん。車にうとい私にも丁寧にMINIの魅力を教えてくださいました

ショールームに戻り、店舗を案内してくださったセールス担当の増子さんの担当業務やMINIの特徴について話を伺いました。
詳しい内容については、ページ最下部の音源からお聴きください!

増子さんは、セールスになる以前、メカニックをされていたとのこと。車の仕組みなど細部にわたる深い知識をお持ちなので、カーライフアドバイザーとして、お客様は安心できますね!


取材を終えての感想ですが、MINIは、「ゴーカートフィーリング」とも表されるように、車を操る楽しさはもちろんですが、カラーリングを含めたデザインがとても特徴的だと感じました。まさしく、自分自身を個性を車に映し出せる車になっていると思いました!私もいつかはMINIを・・・(笑)

今回ブログを初めて書かせていただきましたが、いかがだったでしょうか。
こうやって現場に行き、社員の方の生の声を聞く機会があるのも私にとってとても良い刺激になりました!今後の収録も楽しみです!!

来週の番組では引き続きMINI郡山で働く社員の皆さんに話を聞いていきます。
「セキショウさんに聞いてみよう!」来週もお楽しみに!