私たちがセキショウです。

ラジオつくば

番組アーカイブ

チームとして連携する皆さん【関彰エンジニアリング(株)水戸統括支店】

皆さんこんにちは!総務部の関山です。

私は、入社してから半年が経ち、会社の入社半年研修に参加してきました。久しぶりに同期の仲間に会い、仕事の大変さや半年間の思い出などを語り合いました。やはり同期の話を聞くと自分も頑張らなくてはと焦りも感じますが、やる気もより一層出てきます。
また半年後の研修で同期の仲間に会うので、そのときに成長した姿を見せれるように日々の業務に精一杯取り組んでいきたいと思います。

さて今回は、先週に引き続き関彰エンジニアリング(株)水戸統括支店へ取材を伺った様子をお送りします。
学生レポーターを務めてくれたのは前回に引き続き若野さん。

syuugou mito (1024x768).jpg
▲インタビューを受けてくださった皆さん。中央が学生レポーターの若野さん

前回の放送では、清水支店長から「担当するお仕事」や「職場の雰囲気」などについてのお話を伺いました。
清水支店長から見て職場の雰囲気は、まじめとのことでした。まじめな社員同士がお互いに切磋琢磨し、高め合える職場は、理想な職場であると感じました。

さて今週は、水戸統括支店で働く社員の皆さんにインタビューした模様をお送りします。

インタビューでは、社員の皆さんに「仕事のやりがい、もしくは、面白さ」、「仕事をする上で大切にしていること」などについて語っていただきました!ぜひ詳しい内容については、ページ最下部の音源からお聴きください!

yonekawasann (1024x768).jpg
▲営業担当の米川さん

米川さんは、省エネ性の高い商品などのより良いご提案をお客様にする中で、お客様から「電気代が安くなったよ」や「ありがとう」と言ってもらったときに仕事のやりがい・面白さを感じるそうです。
お客様から直接感謝の言葉をいただくと仕事へのモチベーションも上がりますね。

また、お仕事をする上でお客様の要望を正確に読み取るために「お客様との対話」を大切にしているそうです!
米川さんには、一人ひとりに合ったご要望にお応えできる知識とお客様が気軽にお話できる親切さがあると取材をしていて感じることができました。

tukamotosann (1024x768).jpg
▲工事課の塚本さん

塚本さんは、空調や水周り設備の工事や工程管理などのお仕事に取り組み、中には半年から数年に及ぶものもあるとのこと。
その中で工事が完成したときの達成感は、仕事のやりがい・面白さにつながるそうです。
ひとつの工事が完成するにもとても長い期間かかり、作業を集中して取り組むことやその集中を継続させることの大変さがあるのだと感じました。だからこそ終えた後の達成感を感じることができるのだと思いました。

takitasann (1024x768).jpg
▲水戸メンテナンス課の瀧田さん

瀧田さんは、お仕事をする上で必要な資格を取り、自分自身のレベルアップに努めているそうです。
資格を多く取ることでお客様からの信頼が高まり、仕事への自信にもつながりますね。

また、お客様からしてみるとエアコンがあればエアコンを使えて当たり前、水は出て当たり前のため、お客様が安心、快適に使用できるように努めているそうです。確かに我々からしたら当たり前のことと思いますが、それを実現させてくれている方々がいることに改めて感謝しなくてはいけないと感じました。

2週にわたり関彰エンジニアリング(株)水戸統括支店での取材の模様をお送りしてきましたが、いかがでしたか?

関彰エンジニアリング(株)は、営業、工事課、メンテナンス課と一連の流れで仕事が進んでいくため、情報共有など担当ごとの連携が非常に大切なお仕事であると感じました。私も他部門に関心を持ち、しっかりと情報を知識と変えることで仕事の効率化を図れるように努めていきたいと思います。

来週はどのような話が聞けるでしょうか。
「セキショウさんに聞いてみよう!」来週もお楽しみに!