私たちがセキショウです。

ラジオつくば

番組アーカイブ

使い方はアナタ次第!【オリックスレンタカー北千住店】

皆さんこんにちは!総務部の弓野です!

関彰商事は、おかげさまで2月6日をもって創業108周年を迎えました。

108年前、1908年(明治41年)は、どのような時代だったのでしょう。
当社と同じ創業で言えば、アメリカ大手の自動車メーカー、ゼネラル・モータース(GM)やシュウマイで有名な崎陽軒が創業。出来事としては、日本で初めてバーゲンセールが行われた年だそうです。

中でも大きなトピックスとしては、世界の自動車産業構造に革命をもたらした『T型フォード』が発売になった年でもあります。革命とも言われているのには、幾つかのポイントがあります。

①画期的な生産方法の導入
ベルトコンベアーを用いた流れ作業・分業の導入によって、これまで1台14時間程かかっていたものが、なんと1時間30分にも短縮した!

②低価格での販売
当時、自動車の多くが2,000ドル以上の値段が付けられていた時代に、T型は850ドルという価格で販売。当時のアメリカ人の平均年収が600ドル程の時代において、なんとか手の届く価格であった。

③労働環境の改善
「労働者は生産者でもあり消費者でもある」という考えのもと、労働者に高賃金を支払い、労働者にも車を買えるようにした。

これらの取り組みによって、最終的に『T型フォード』のアメリカ国内でのシェアは、
55.45%という驚くべき数字を誇り、モータリゼーションを進めた大きな要因とされています。今でこそ定番化している生産方式ですが、起源をさかのぼると108年前のことなのですね。14時間かかっていたのが、1時間30分に短縮するとは・・・まさに革命的です!!


1.DSC_0097 (1280x853).jpg
▲学生レポーターの若野さんと北千住店のスタッフ

さて今週のセキショウラジオも先週に引き続き、オリックスレンタカー北千住店へ取材した様子をお送りいたします。

2.DSC_0055 (1280x853).jpg
▲主に配車担当の富岡さん

「車が好きでこの仕事をしている」と話しくれた富岡さんは、配車や回収、洗車を担当しています。普段レンタカーを使用しない皆さんに対して、「複数人数で割り勘することで、公共交通機関をしようすることで割安になることもあります」とアドバイスしてくれました。

3.DSC_0063 (1280x853).jpg
▲主に車両準備担当の今村さん

「運転して知らない場所に行くこと」が仕事の楽しみと話してくれた今村さん。仕事のモットーを「お客様が気持よく利用していただけるよう準備をすること」と語ります。取材時にも車両を見せていただきましたが、とてもキレイな状態でした。

4.DSC_0117 (1280x853).jpg
▲カウンタースタッフ担当の原田さん

取材当時入社して2ヶ月という状況だった原田さんは、職場の雰囲気を「店舗が狭いこともあり、とてもコミュニケーションの取れた職場」と話してくれました。また仕事をするモットーとして「カウンターに立てば、会社の顔になる。お客様の信用に応えられるように努めている」と語ります。

取材後の雑談の中で、「レンタカーを使って皆でワイワイとカラオケしながら目的地に向かうというのもいいですよ」という話も出たように、使い方次第で無限の可能性があります。軽自動車からトラックまで幅広い車を借りられるレンタカー。自分だけの使い方を考えて、利用してみてはいかがでしょうか!?
また最後に、Webからレンタル予約をすることでお買い得に借りられるという情報を頂きましたので、ぜひ活用して下さい。
http://car.orix.co.jp/shops/?md=view&shops_pk=249

次回は、どのような話が聞けるのでしょうか!
「セキショウさんに聞いてみよう!」お楽しみに!